認知発達ロボティクス

赤ちゃん学って何?

―家庭でもできる赤ちゃん実験―

玉川大学 脳科学研究所応用脳科学研究センター

教授 岡田 浩之 氏

赤ちゃんをあるがままに観察する。それが赤ちゃん学の

第一歩です。

これまで、赤ちゃんは、「何もわからず」「何もできない」

無力な状態で生まれてくると信じられてきました。しかし、

最近の様々な発見により、赤ちゃんは、大人に迫るような、

高い能力を持っていることが分かってきました。

講演では、家庭でもできる簡単な観察から、赤ちゃんの

謎に迫ります。

#

Topics
トピックがありません。
Related Posts

コメント欄を読み込み中