認知発達ロボティクス

ロボットガーデンとは米・シリコンバレーにある、ロボットをテーマとした常設のコミュニティワークショップの名称。子どもから現役の技術者まで、様々な人が共同で活動するためのインフラを提供しており、ここでは誰もが気軽にロボットに触れ、動かすことができます。

今回、相模原市では、ロボット・ガーデン創設者の1人であるアンドラ・キーイ氏を招き、このロボット・ガーデンを1日限定のイベントとして日本で初めて開催します。本場のロボット・ガーデン同様、子どもから大人までを対象に、ロボットを体感し、興味を喚起してもらうためのプログラムになっており、小さな子どもたちが最先端の技術に触れることで、将来のロボット産業の育成にもつながることをめざしています.

玉川大学eR@sersはロボカップ世界大会で披露したタスクのデモンストレーションを行いました.


#

コメント欄を読み込み中